読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイトチカの日記

Life Solution Energyとして、エナジャイズする記事をお届けします

犬を飼って、生き直す。

我が家には、ミニチュアダックスのミッシェルという犬がいます。

娘が小学校低学年の時、どうしても犬が飼いたいと言うので、家族に加わりました。

犬を飼うにあたって、実は私の中には、ちょっとした不安がありました。 それは、自分自身が小学校低学年の時、小猿を飼いきれずに人に譲った経験があり、それが今でも私の兄弟(姉、兄、弟)のトラウマになっているからでした。

「飽きちゃうかもしれない…」

何かを始める前から、「飽きる(途中で止める)」ことに何とも言えない不安と罪悪感があります。

習い事やスポーツ、趣味など、「(そこそこ)筋がいい」と言われても、のめり込むほど好きにはなれず、結局は続きませんでした。多分、恋愛も近いものがあったかもしれません(残念ながら)。

でも、犬は大丈夫でした! 結構マイペースな我が家のミッシェルは犬としての本能も持ちつつ、いろいろな場面で彼女を守る私を絶対的なリーダーだと思っているみたいです。

「私のこと、信頼してくれているな」と、わかる瞬間があります。 そんな時、自分がミッシェルの役に立っているという、何とも言えない「自己効力感」を持てることがあります。

朝、忙しい時でも、ミッシェルのトイレの掃除やお水の補充をしている時。 「ミッシェルの世話が出来ている自分」を確認することが「自己肯定感」につながることがあります。

犬を飼って学んでいるのは私の方です。 小さい時のトラウマを克服して、生き直す機会をもらっている。

「私って、こういうの苦手」と思い込んで、そのままにしていることありますよね。 でも、再チャレンジしないのは、きっともったいない。

「まだまだ、成長の余地あるはず!」と思い込んで、やってみようかな。

例えば、数学や物理とか?(えー!そ、それは…)