読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイトチカの日記

Life Solution Energyとして、エナジャイズする記事をお届けします

秋田県・横手産のシードルを応援します!

f:id:kaitochicap:20150910160957j:plain (出所:OKANOUE PROJECT HP)

この若者たちの後ろ姿。カッコ良くないですか? 彼らが見つめる先に映っているものは、どんな風景でしょうか。

このたび、秋田県横手市に住む友人・細谷拓真さんのつながりで、秋田発のシードルブランド「OKANOUE 」のプロジェクトをクラウドファンディングで応援させていただくことになりました。

細谷さんは、横手という地域について、徹底的に考え、精力的に行動されている方で、特にyokotter を中心にした活動は、横手という地域に留まらず、各方面に大きな影響を与えている方です。 幸運なことに、何年か前に、勉強会でお会いして以来の友人です。

(ご参考)yokotterについてはイケダハヤトさんのブログ記事でも触れられていました。

思えば、細谷さんからは、いろいろな「つながり=ご縁」も頂いています。

例えば、私の友人が既に何人も参加し、「うにの海」の衝撃画像(笑)が大きな反響を呼んだ『寿司さいしょ』さんのうに祭り。ご主人の税所さんとのご縁をつなげていただきました。

それから、パエリア世界大会・国際部門1位に輝いた、豊洲のスペイン料理『バルデゲー』のシェフで、日本パエリア協会の発起人である栗原さんをご紹介くださったのも細谷さんです。

(この二人は偶然にも「とびきり美味しいもの」に関わっているのですが、実はご自身がいる世界のこれまでの「常識」や「枠」を越えた挑戦をされているという素晴らしい共通点をお持ちです。その事はまた別の機会に。)

いつか訪れたいと思っていた横手を訪ねたのは、今から2年前。 細谷さんにお声がけいただき、大曲の素晴らしい花火鑑賞が目的でした。

秋田のリンゴとの出会いは、その花火大会。

細谷さんのお子さんが飲んでいたジュースが、何やら珍しいアルミパックに入っていて、とーっても美味しそうだったのです。

↓↓↓(参考映像)りんご、ぶどう、トマト。全部美味しかったです。 f:id:kaitochicap:20150911111138p:plain (出所:JA秋田ふるさと)

羨ましそうに、じーっと見ていたからか(笑)、細谷さんの奥さまが、

「このパック、珍しいですよね?秋田では、ジュースと言えばコレなんです。地元のリンゴをそのまま絞っただけなので、美味しさが全然違いますよ〜。この辺りの人は、ジュースは地元産以外のものはあまり飲まないですからね〜」

と、教えてくれました。

その時は、

「秋田って、リンゴの産地なんですね〜。」位に思っていた私。

翌日、お隣の増田町へ車で移動する機会がありました。

その道添いに広がる景色が何と美しいこと!!! リンゴの木が丘を被い、その緑が青空に映えて、何ともイキイキした鮮やかな風景です。

横手市内から、車でちょっと走ったら、こんな素晴らしい景色が広がっているなんて! 関東辺りの畑にありがちな、景観を壊すような看板もなく、とにかく、とにかく美しい風景でした。 日本でこんな風景が見られるなんて…!

「わー、スゴいです。こういう風景、贅沢ですね〜〜!」

と、興奮する私たちに、

「え、そうですか?僕たちにとっては、当たり前の風景なので…(笑)」

と、細谷さん。

増田町では、素晴らしい蔵のあるお家を見学させていただきました。 そして、例のアルミパック入りのリンゴジュースを見つけたので、お土産にしました。

原材料は「リンゴ」のみ。それを、ただ絞っただけ…。何と潔い。

東京に帰ってから、 「こんなジュース、なかなか無いでしょ〜。美味しいでしょ〜」 と、興奮して、会社の仲間やご近所にも配りました。

これをきっかけに、自らリピートしている友人もいるようですが、 私も、季節になるとネットで取り寄せしています。 (そのシーズン分が終わると次のシーズンまで待たなくてはならないのが、本物の証拠)

今回のOKANOUE PROJECT に参加してみようと思った理由は主に2つ。

1つ目は

「秋田・横手産リンゴでシードルを作ろうとしている」

ということです。 シードルはまだ飲んでいませんが(笑)、リンゴのポテンシャルは証明済みです! これからいろいろな試行錯誤をされることも含めて、何だか楽しめそうな予感がしました。

2つ目は

ソムリエとして、お酒と食事を楽しむ要素を考えてみて。

・真面目につくったお酒 ・真心のこもったお料理

この2つは大前提だと思うのですが、

「情熱に溢れた作り手の顔とストーリー」

があると、美味しさは倍増で楽しめるのです。

その点で、 OKANOUE PROJECT の皆さん、いい顔していると思いませんか?

f:id:kaitochicap:20150910210514j:plain (出所:OKANOUE PROJECT HP)

これから、どんなストーリーが生まれるのでしょう。

いつか、横手産シードルが届いたら、東京で楽しむ会もやりたいと思います!!!

このクラウド・ファンディングに参加して、OKANOUE PROJECTを応援しつつ、シードルを楽しみたい方はこちらからどうぞ。 1000円から参加できます。

■FAVVO(クラウド・ファンディング)

faavo.jp

■yokotter関連のHPです

このMIRAIと名付けられたスペース。お邪魔させて頂きましたが、素晴らしい「場」です。 最近は、若手の方々が中心になり、さらにアクティブに活動されているそうです。

yokotter.com