読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カイトチカの日記

Life Solution Energyとして、エナジャイズする記事をお届けします

道を歩き…出した。

f:id:kaitochicap:20160108231402j:plain

Photo by Steve Corey

自分のつくった企画書をプロに見てもらうという初めての機会を得ました。 プロというのは、「お金を出す価値があるかどうかを決める人」という意味です。

これまでも、社内では何度も企画書を作ったし、部下が作ったものをみたり、研修で作り方を指導するようなこともやっていました。

そんな私が、自分のことを全く知らない「外の人」にリアルな企画書を持っていって、プレゼンするなんて、初めての経験です。

正直、その場に行くのは気が重かったのです。 「パッと見そこそこ。実はダメな企画書」であることは、自分が一番わかっていたので。

この程度のものしか出来ないなんて、かっこ悪いな…という思いもあったし、 いろいろ考え始めたら、段々わからなくなった…というのも本当だったし。

行っても無駄かもしれないな…という考えが、頭をよぎったのです。

相手は本物のプロでした。 頂いたのは、たった30分。でも、私の意図を知ろうとしてくれ、的確な質問、的確な指摘をしてくれたのです。 そして、少し時間を延長してくれました。

最後に「実は今日ここに来るのが怖かった」と正直に伝えたところ、

「諦めないで、頑張りなさい。どこへ向かうのか、何を実現するのか、決めるのはあなたなのだから。違ったと思ったら、どんどん上書きして、とにかく止まらずに、前に進めばいいの」と。

すごい言葉をかけてくださいました。

頭がキレるけれど、温かい。冷静だけれど、力強い。素敵な女性でした。 「メンター」という言葉の意味が初めてわかった気がしました。

10年前の私だったら、厳しい言葉の部分に反応して、落ち込んで、しばらく動けなかったかもしれません。

でも、自分自身も確実に強くなっていました。

頂いた言葉をしばらく自分の中で咀嚼してみたら、「前に進む勇気」が残ったのです。

とにかく、逃げなくて、よかった。

今日のところは、自分を褒めてあげたいと思います。

f:id:kaitochicap:20160108231100j:plain

Photo by ohefin